米ドル円が一時111円台まで下落

米ドル/円が1年3か月ぶりに114円台を記録したのもつかの間、一時は111円台まで、下落して、今では112円台を―プしている状態。この事から、FX離れが懸念されており、為替取引の雲行きが、凄く怪しくなってきた。
この米ドル円の下落の背景には、北朝鮮のミサイル事件や、韓国の私的問題、台湾での大地震などなど、アジアを中心に、様々な経済的ニュースが発表されている今、比較的安定した通貨が円であると判断された結果、円の買いが増えて、円高が起こっている様子。

この期間に日本の貿易面を強化する事により、日本へ流入する金額も大きくなるので政府に、少しくらいは、頑張ってほしい所でもありますね、この時期に海外に旅行する人は、海外でもお買い物が得するかもしれません。
とはいっても、この円高は、どれほど続くのか、為替取引を行う方や、日本政府の方々モ気になる一方だとは思います。今後の展開についても、ご紹介させて頂きますね。

この投稿のカテゴリー: 為替

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です