シャープの経営難続く

シャープの経営難が悪化し、今、シャープは、倒産という影が見え始めている。
この事から、シャープとの提携を行う、下請け企業などの多くにも、影響は及んでおり、廃業を余儀なくする企業も続々と増えてきている。こんな状態でシャープの株価も上がる訳でもなく、長年に渡り気づき上げてきた城が、徐々に、崩れてきており、修復が不可能な形になるかもしれない。
そんなこんなで、シャープは、台湾の精密工業への買収を本格化している模様で、行き詰った感はものすごい。

シャープは、以前にも、経営難に陥り、人員削減などの対策をした事もあるので、今回、シャープの動きは経済状況を大きく変える可能性があるので、日本中でも、消費者、企業、銀行、政府と多くの方の注目が、シャープの今後の展開に集まっている。

この投稿のカテゴリー: 為替

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です